三谷幸喜さんの作品「12人の優しい日本人」
その中に出てくる台詞

「思い込みと勘違いはおばちゃんの2大要素」

あははは!納得

思い込み勘違いはおばちゃんに限らず
誰にでも起こりうる事ですが
なんだか、この台詞に愛を感じる私です。

 

勝手な思い込みによって自分を苦しめていたり
勘違いによってギクシャクしていたり

真相も分からないのに、
自分の頭の中で勝手にストーリーを作り上げ
それに支配され苦悩するのは
なんとも滑稽

 

 

最近、自分の中でそんな滑稽なドラマが繰り広げられ
ふと、
『おやおや、これはおばちゃんの2大要素かも?』
と気づいたのであります。

 

思い込み勘違いからくる
不安や恐怖、怒りなどは自分の心が勝手に作り出したもの
事実はどうか。
その事実に対してしっかりと受け止めているだろうか
自分の価値観や正しさ、物さしで相手を計ってはいないだろうか
勝手な推測をしていないだろうか。

今一度、自分を見つめなおしたいと思う朝です。

 

思い込みで自分の心が辛くなるときのバッチフラワーレメディ

自分がやらなくちゃ!と思い込み
自分の限度を超えても頑張りすぎてしまうとき
オーク

私なんてもうダメだ・・・と思い込み
何もかも諦めてしまうとき
ゴース

自分ばかりが不幸なのだと思い込み
自己憐憫や被害者意識が強いとき
ウィロー