バッチフラワーのご使用方法

バッチフラワーの使い方はいたってシンプルです。
直接口にたらしたり、飲み物に入れて飲む、入浴する際にお風呂に入れて使うなどの方法があります。

ストックボトルとトリートメントボトル(ブレンドボトル)

ストックボトルとは

市販で売られている状態そのままの瓶をストックボトルと呼んでいます。
ストックボトルから直接バッチフラワーレメディを使う場合は
38種類あるレメディ、1種類につき2滴
レスキューレメディの場合には4滴を目安に飲みます。

 

トリートメントボトル(ブレンドボトル)とは

あらかじめ、その人の状態にぴったり合うレメディを最大7種類まで
ブレンドしてあるボトルをトリートメントボトル、またはブレンドボトルと呼びます。
同じレメディを続けて使う場合はすでに必要なレメディをブレンドしてある
トリートメントボトルを使うと便利ですし経済的です。
コンサルテーションではこのトリートメントボトルをお持ち帰りいただいております。
なるべく冷蔵庫に保存し、お早めに(2~3週間以内)使い切るようにしてください。

トリートメントボトルからのバッチフラワーレメディの使い方は
1回につき4滴 1日4回、または4回以上を目安に飲みます。

 

直接口にたらして飲む

選んだレメディをからスポイトでとり、直接口にたらします。
衛生上、雑菌が入ったりするのを防ぐために、
スポイトの先に舌が触れないように気をつけてください。

 

飲み物入れて飲む

レメディは飲み物に入れて飲んでも構いません。
コップの水はもちろんのこと、コーヒー、紅茶、ジュースなど何でも結構です。
直接口にたらす場合と同じく、ストックボトルからスポイトでとって、
38種類のレメディは2滴、レスキューレメディは4滴を飲み物に入れて、ゆっくりと飲むようにします。
熱いもの、冷たいもの、カフェインやアルコールの入ったもの、スープや食べ物に入れても大丈夫です。

 

IMG_5997