いきる。いのち。

最近SNSで話題の

100日後に死ぬワニ

2020年3月20日、昨日ついに100日目を迎えました。

 

 

TwitterやInstagramで毎日配信されていた4コマ漫画作品
ご存じの方も多いと思います。

 

主人公はワニの青年
子供をあやしたり、道のごみを拾ったり
気の合う仲間たちとラーメンを食べたり遊んだり
バイト先の先輩に恋したり
何気ない毎日を穏やかに幸せに過ごしています。

物語はそんなワニの青年の1日目からスタート

 

タイトルにあるように
100日目で死んでしまう主人公

 

読者は、結末を知りながら
ワニの毎日を見守ります。

 

このワニの青年は
ただの物語の中だけのキャラクターでしょうか

私は自分自身のような気持がしてなりません

 

生と死は誰にも平等に与えられています

 

どう生きるか
毎日をどう過ごすか

この作品を読み、それぞれいろんな思いが湧き出てくると思います。

その思いをどうか大切に
そして毎日を精一杯楽しんで

 

 


100日目に死ぬワニ まとめページはこちら

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/29/news029.html

 

『100日後に死ぬワニ』(ひゃくにちごにしぬワニ)
きくちゆうき氏による日本の4コマ漫画作品。
死まであと100日と明示されたワニの生活を描く。
2019年12月12日から作者本人のTwitterアカウントで公開が開始され、以後毎日更新されている。
TwitterとInstagramのほか、作者本人の手でねとらぼで公開されている。

※Wikipediaより引用

 

 

 


フラワーエッセンスランキング

“こころのつばさ”のLINE@
もしよろしければ下記のリンクからお友だち追加してくださいませ

友だち追加

Follow me!

前の記事

心外無別法

次の記事

本の紹介