先日はDiSC理論セミナーを受講しにいざ東京へ!

DiSC理論

行動心理学を元に人の行動スタイルを4つに分類し
その人がどのような欲求、動機により行動しているか、
どんなことがストレスになり、
どんなことがモチベーションアップに繋がるのか・・・等々を理解する。
より快適なコミュニケーションをはかるためのスキル。

相手のタイプを知れば、
その人がどんなコミュニケーションスタイルを望むのかが分かります。
そして、相手を知る前に、まず自分自身を知ることが大切

自己認知と他者認知

自分と違う考え方や、行動をしている人を見ると
なんでそんなことするんだろう・・・と
イラッとしたり
モヤッとしたり

自分と相手との違いを
それは間違っている!と決めつけたり、
自分と違うからなんか苦手・・・そう思い込んではいませんか?

人との違いは豊かな多様性の証
人との違いを理解し受け入れ、認めることで自分の世界も広がります。

多様性にこそ価値がある

DiSC 4つのタイプ

DiSC理論では行動傾向により4つのタイプにカテゴライズされます。

D:Dominance 直接的で決断が早い   【主導】
i :Influence      楽観的で社交的        【感化】
S:Steadiness  思いやりがあり、協力的 【安定】
C:Cautious   綿密で正確       【慎重】

このセミナーではまず自己認知のためのテストを行い
自分のタイプを知り理解することからはじめます。

案外自分のことって見えているようで見えてないんですね。
私自身、意外な結果に最初は戸惑いましたが
理解が進むにつれて
「あ~~~~~~納得!!!!そうそう、そうだわさ!」
自分の行動の奥にあるものを知ることができました。

 

このスキルは、コミュニケーション全般に応用でき
ビジネスシーンはもちろん
様々な人間関係、チームワーク、
家庭、学校、ママ友、ご近所、親戚・・・諸々で活躍すること間違いなし!

あぁ、この人はこういう行動なのか、こういう考えなのかと
”違い”を”違い”と受け入れると楽になります。

相手が望むコミュニケーション方法をとることで円滑に進みます。
相手を知るってとても大切ですね。

DiSC理論おもしろい!!
オススメです!!