今日、友人と会い気づきをいただきました。

もしも・・・こうだったら・・・という会話をしていて、心にモヤがかかりました。
そのモヤは徐々に広がり、心の中で大きく膨れあがります。

幸いなことに、その友人に素直に心にモヤがかかったことを伝えることができました。
その気持ちを口に出し
言葉にすることで徐々にその気持ちの輪郭がクッキリと浮かび上がってくるのです。

それは
私の正しさ
私の価値観

自分の価値観、正しさから外れる事に対しての拒絶、嫌悪
それらの感情がモヤの正体

あぁ、私は自分の価値観で話を聴いていたのだな
自分の正しさを相手にも求めているのだな

そう、勝手に自分のものさしで相手を計り
勝手に感情的になっていたのだな

些細な「もしも」の話でも
自分の正しさは主張して勝手に感情が動くのだな

相手は相手の思いがある
それを自分の思い通りになんてできない

 

正しさを手放す
そうか、そういう考えもあるのだね
と、相手のことを受け止める
そこに自分の正しさはいらない

自分の正しさを相手に求めない

 

あぁ、なるほど。
モヤの正体に気づいた途端、私の中からそのモヤは徐々に消えました。

 

大切な気づきを実感させていただきありがとうございます。

 

 

自分の正しさを押しつけてしまうときのバッチフラワ-レメディ

自分の正しさを相手に押しつけてしまうことで
イライラしたり批判的になるときは
ビーチ

自分の正しさを押しつけようと支配的になるときは
バイン

自分の正しさを周りにも強要してしまうときは
バーベイン