心優しきラビングプレゼンスの世界

昨日、文化の日はラビングプレゼンス≪ベーシック・スキルアップ≫ワークショップへ参加!
公認シニアハコミトレーナー高野雅司さんのレクチャーのもと
本当に幸せなあたたかい空間にどっぷり浸かってきました。

lp

ラビングプレゼンスを簡単に説明すると

なにか分からないけれど、自分にとって必要な「糧、エネルギー」のようなものを相手から感じ取り
それをきっかけに自分の中に沸き上がる「心地よさ」をじっくりじっくりと味わう。
そして、結果として、心地よさをくれた相手に感謝の気持ちがわき
それがよい関係性へ繋がっていく、心地よい「場」が生まれる。
というとても面白いコミュニケーションスキルです。

日常のさまざまな人間関係をより親密にするための、大きな助けともなっていきます。
ラビプレの相手は慣れてきたら、動物でも、自然でも風景でもなんでもOK!
どんな存在からも自分に必要な糧、エネルギーが流れてきます。

慌ただしく過ごす普段の生活のなかで
心地よさをじっくり味わうことは少ない気がします。
一瞬感「あ、いいな♪」「いい感じ~!」「美味しいな」「嬉しいな♪」と思っても
すぐまた別の感情、思考に意識が飛んでしまいがち

たとえば、美しい紅葉みてハッと息をのむ感覚
それをゆっくりじっくり全身を使い味わう
たとえば、好きな人からとても嬉しいメールが来て心躍る感覚
それをたっぷり時間をかけて五感を使い感じる

このラビングプレゼンス≪ベーシック・スキルアップ≫のワークショップでは
まずは、自分の中で起こる心地よい感覚に焦点を当てじっくり味わう練習をした後
そのつぎに、相手から自分に必要な「糧、エネルギー」を受け取り
その「心地よさ」を全身、すべての感覚を使いただただ味わう、ひたすら感じる練習をします。

マインドフルネスからのラビングプレゼンス

このラビングプレゼンスを使えば、まず自分が「快・ハッピー♪」
それだけでも御の字なのに
そのオマケでなんだか周りもいい感じ♪
ウヒョー!ラッキー!!
という一粒で二度美味しい的な感じだと私は受け取っています。(笑)

a0960_006539

ラビングプレゼンスのワークショップは何度か参加させていただいておりますが
メンバーが替わっても、その時に流れるあたたかく優しい空気感はいつも一緒。
人も空間も景色もすべてに愛が溢れ出て
何とも言えない幸福感、優しさ、あたたかさ、ハッピーさ
そのようなものが漂うとても居心地のよい自分を発見できるのです。

お昼は参加者のみなさんと一緒にランチ!
休憩時間には、和室のお部屋ということもあってか
みんなで横になりゴロゴロとする、寝てる人もいれば、たわいのない話で笑い合う
まるで心安らぐ場所、実家や親戚の家でくつろぐ感覚。
はじめましての方ともすぐになごみ打ち解けるのです♪

昨日のワークショップでも参加者のみなさまからたくさんの「心地よさ」をいただきました。
風が駆け抜けるような爽快感
落ち着きと優しさに満ちたお地蔵さまから感じる安らぎ安心感あたたかさ
甘酸っぱく口の奥からジュワッと唾液が出るような美味しさ
まっすぐに落ちてくる滝を前にシャキッと背筋が伸びるキリリ感
コスモス畑でかくれんぼしているようなこどもの頃感じたウキウキと胸弾む感覚
ほかにもまだまだ、言い尽くせない心地よさをいただき、本当にごちそうさまでした!
美味しかったー!!

今回私が体験した中で、とても印象深かったのは
ラビングプレゼンスをしながら話をきくというワーク
まず、相手の方がラビプレして聞き役をしていただいたときに感じたことは
菩薩さまのようなあたたかい雰囲気で包み込んでくれている、
なにを話しても、評価されることなくすべて受け止めてくれる。という安心感

次に、私がラビプレ状態で話を聞いたときは
何とも言えない慈愛の感情がわきおこり、その人すべてが愛おしい。
胸の奥にずっとあたたかい火が燃え続け、それが全身を包み
そして自分からもあたたかい温度がでているような不思議な感覚。

シェアの時は「(理屈抜きで)好き!」と語彙力ゼロな発言をしてましたが
そんなのどうでもいいのです。
普段なら、シェアの時に言う言葉はそれなりに選ぶのですが
その場では思いつくまま話してました。

image

ラビングプレゼンスのやりかたは簡単
ちょっとした宣言をして心の扉を開けて待つ
心のシャッターをあけ、そのとき見えたものから受け取る
受け取った心地よいものをただ味わう。

文章だけではなかなか伝わらない部分もあると思いますので
興味を持たれた方、気になった方は是非ワークショップへ!!
ハコミ侍こと、高野さんの愛に満ち自然体な姿勢にいつの間にか
心の兜と鎧を脱いでいる自分に気づきます。

心地よい「何か」を受け取る「ラビングプレゼンス」次回名古屋では、2016年2月7日に開催!

理由付けも、ジャッジもない優しい優しい世界です。